輪姦物語 > どんなところが運営しているの?
ユメノトビラは、とある女性が自分の願望を満たしたい!というところから企画を開始しました。
ただ、女手一つではなかなか大変なことも多いので、何人かのスタッフに作業をお願いしています。
現場で作業をフォローするスタッフは6-7人と、けっこう大所帯です(^^;

ご協力頂いているスタッフは、皆さん一般の本業を持たれています。
一般常識を備えた色々な顔を持っているからこそ、皆さんと楽しい時間を共有し、参加頂く女性にも安心して頂けるのだと思います。

各種お問い合わせの際には、ユメノトビラ事務局の名義にてやりとり致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

ここで制作メンバー紹介などを一つ・・・

メンバーその1:Tony(とにー)
各種申し込みの受付担当、企画現場の仕切なども行います。
元最大手キャバクラの黒服だったこともあり、気が利くイケメンスタッフ、女性ファン多し!!
コメント:「ユメノトビラに賭けてます!」

メンバーその2:小林(こばやし)
以前はBekasaku(べかさく)と名乗っておりました。わかりやすく苗字名乗ります。
参加者面接担当、Tonyのエロ師匠。
参加お申し込みを頂いた後に、お電話させて頂きます。
コメント:「24時間対応OK!お気軽に参加申し込みくださいませ〜」

メンバーその3:Jun(じゅん)
スチール担当。学生時代より撮影のプロとして、女性を美しくエロく撮影する構図を常に研究。
最近、100万以上する最高級デジカメを自腹購入し、日夜鍛錬中。
コメント:「綺麗にエロく撮って欲しいと思ったそこの貴女、僕にまっかせなさいっ!」

メンバーその4:事務局(じむきょく)
ページ制作やシステム&サーバ管理を中心とした裏方担当。
コメント:「企画終わって、綺麗になって帰宅する女性の姿を眺める瞬間が一番充実感あるよね。」

メンバーその5:紅夜(べによ)
文章構成担当。文章のセッティングや現場ルポ、エロコラムは彼女の作。
実は某最高学府を卒業した才媛だが、趣味はハプバー巡りということもあり、エロ学府卒業の間違いだろうとスタッフ間でまことしやかに囁かれている。
コメント:「わたしでいいんですかっ!?ほんとうですかっ!?」

メンバーその6:DOBA(どば)
現場企画撮影担当、撮影後の動画モザイクがけも行う。
企画を盛り上げるため、現場のディレクションについては事細かく指示。プロである。
コメント:「そうそう、その感じ。うん、いいよいいよ〜」

メンバーその7:Toshi(とし)
ビデオ撮影担当。現場でオヤジギャグを連発する担当でもあるが、ひとたびカメラを回すと、被写体を最高のコンディションに持ってゆく。絶妙のカメラワークで参加者も閲覧者も満足頂けることであろう。
コメント:「おじさんと一緒に燃えてみない?」

メンバーその8:Samurai&Tiki(さむらい&ちき)
イレギュラー参加スタッフのコンビ。各種雑務をこなす。

メンバーその9:yoo(よー)
デザイン、文章作成もこなしつつ、スチールやビデオカメラも回せるテクニシャン。